本文へスキップ

審査が甘い金融会社

最終更新日2014/4/20

消費者金融について

借り入れ審査に通るには

各金融会社毎に独自の審査基準が設定されていますが、だいたいどの金融期間も同じような審査項目から成り立っています。 「年収」「勤続年数」「現在の債務の額」「過去の経歴」、などがそうですが大手の銀行系やテレビのCMで有名な消費者金融などは基本的に審査基準が厳しくなります。借り入れ件数が4件以上の多重債務者や過去に自己破産をした経歴のあるブラックリスト対象者などは、ほぼ審査に落とされてしまいます。総量規制で年収の三分の一以上の貸付は規制されていますので、中小のキャッシング企業でも貸付は不可能になります。一度審査に落とされてしまいますと、信用情報センターに登録されてしまいますので、なるべく審査に落ちないようにしなくては不利になります。審査に落ちることがないよう、審査基準が甘い金融会社を選ぶことが重要です。

貸金業

口コミ掲示板の活用

「審査が甘い」というフレーズは、いかにも怪しくて闇金融のような悪質業者を連想してしまいますが、大手や中小の消費者金融の中でも審査の甘い業者は存在します。株価の上げ下げと同じで、金融会社がお金を貸したい時は審査は甘くなりますし、逆にお金を回収したい時は審査も厳しくなります。口コミ掲示板などで情報を吟味し、現在の審査基準が甘い業者をピックアップしていくことが審査に通る早道といえるでしょう。ただ、いくら審査が甘いといっても限度があることも事実で、無収入の無職者や過去5年以内に債務整理をして信用情報センターのブラックリストになっている方、あるいは借り入れ件数が7件以上の多重債務者などは諦めたほうがよいでしょう。どの消費者金融を回ってみても審査に通ることはまずありません。それこそ、スポーツ新聞紙の広告に載っているような闇金融なら審査に通るかもしれませんが、それは自己責任として自己の判断であたってみて下さい。

借り入れ成功率

お金を借りる前に

月並みですが、まずお金を借りる前に本当にお金が必要なのかどうか、我慢すれば必要ないのではないのかを考えてみましょう。貸金業者からお金を借りれば元金の他に金利も支払わねばなりませんので、なるべく借金をすべきではありません。どうしてもお金が必要というなら、まず親や知人から借りることを検討すべきで、可能であれば頭を下げて返済計画を説明し、借用書を書いて借りましょう。しかし、知り合いから借金をすることは体裁のよいものではありませんので、それが嫌であれば金融会社を選択するしかないでしょう。ただ、同じ借金をするにしてもなるべく金利の低い消費者金融を選ぶべきで、それによって毎月の支払いに差が出てきます。前述したように、大手銀行系は金利が低い代わりに審査基準が厳しく設定されていますし、中小になるほど審査は甘くなっていきます。自分の借りれる範囲内で一番金利の低い金融会社を選ぶことが重要です。

お金を借りる理由

借金をするにあたっては各々理由があるでしょう。急な出費が嵩んで生活費が困窮することは仕方ありません。取り敢えず借金をしてその場をしのぐことは重要なことです。但し、ギャンブル等でお金を借りる行為はいただけません。借りすぎて多重債務者や高額債務者になってしまい、二進も三進もいかなくなったギャンブラーが山ほど存在しています。こういった人たちが欲しいのはキャッシュですが、この不景気と消費税増税の中で必要なキャッシュを稼ぐことや、借りるといった行為は非常に厳しいのが現状です。このような人々が元の生活に戻ることは、自己破産でしか残されていません。自己破産をしてしまうと、国内の信用情報センターであるサラ金情報、信販情報、銀行系情報、外資系金融情報、政府系情報といった信用機関にブラックリストとして掲載されてしまいます。