金利

審査

違法業者に注意

出資法とは

貸金業者に対する金利規制については、「利息制限法」と「出資法」があります。 出資法では刑事罰の適用を受けることとなる上限金利が定められています。

万が一、違法な高金利の請求や悪質な取り立ての被害にあった場合には、お金の借入れ・返済の状況がわかる契約書又はその他資料や業者とのやり取りの録音テープなど犯罪行為を立証するための証拠を 残しておくことが必要です。

まずは、借入れの際に利息が年20%を超えていないかどうか確認してください。もしも20%を超えていたらその会社は上限金利を厳守していない違法業者です。

0

審査が甘い業者の罠

いくら審査が甘いからといってそのような業者からお金を借りたら大変なことになってしまいます。違法業者とは、総量規制の影響で新規の借り入れが出来なくなった多重債務者に即日で融資することをうたい文句にダイレクトメールやファックス等で勧誘し、勧誘に応じるのを待っています。

もしもその勧誘に応じたりすると、未来永劫、延々と金利を支払わされることになります。