お金を借りる

借り入れの使途

金融機関の貸付資金源は、銀行では大部分が一般大衆や企業からの預金、消費者金融などのノンバンクでは銀行等からの借入によるものですから、貸付金の確実な回収は、預金払戻の確実性、ひいては信用秩序の維持にもつながる重要な問題です。

回収の確実性は、担保が十分あればよいというものではなく、その貸付金にもとづく貸付金の正常な営業活動から得られる収入によって返済が滞りなく行われることが肝要です。よって、銀行などの金融機関は、貸付の諾否決定の際は当然、貸付実行後も、貸付先の営業状況に十分注意する必要があります。

このように貸付実行後の貸付先の状況をみる場合には、貸付金が当初の約定どおりの使途に使用されているか否かが特に重要な点になります。

当初の計画とは違った使途に流用された場合には、当然その貸付先の収支計画が変更となり、返済予定も変更せざるを得なくなる可能性が高くなります。したがって、返済が約定どおり実行されるためには、何といっても貸付金が当初の計画どおりの使途に使用されている必要があります。

資金の使途は、事業資金の場合には、大別して設備資金と運転資金の二つですが、運転資金については特にそれが他からの借入金の返済や設備資金に流用されていないかどうかを、また、設備資金については、当初予定されたとおりの設備のために使用されているかどうかを、注視する必要があります。