消費者融資ランキング

多重債務者への融資は可能?

基本的に信用情報機関のブラックリストの人や借入件数が7件以上の多重債務者は通常の消費者金融では審査に通りません。借金の総額が年収の三分の一以上の総量規制対象者や収入のない専業主婦でも借りれることは不可能です。

準大手消費者金融ランキング

ではそういったブラックや借入件数4件以上の多重債務者はお金を借りることが不可能なのかと言いますと、不可能ではありません。貸金業登録をしていないヤミ金融なら可能性はあります。

彼らは違法業者なので、そういった訳有りの人を対象に金貸しをしているからです。但し、金利はバカ高いです。しかも支払いが少しでも遅延すると厳しい取り立てが待っています。そこらあたりを十分に覚悟して融資の申し込みをして下さい。

そういったヤミ金融の申し込み口はどこにあるのかと言いますと、金融掲示板の口コミ情報やスポーツ新聞の広告にあります。私見ですが、闇金融でキャッシングをするくらいなら、自己破産をして借金をクリアして人生をやり直したほうが遥かにマシかと思います

闇金融でキャッシングをしても借金を増やすだけで、いずれは泥沼に落ちることは火を見るより明らかです。

消費者金融は大きく分けて三つに分類されます。一つは大手の消費者金融です。アコムやプロミスといった銀行系の金融会社で、特徴は低金利で審査が厳しく取り立ても厳しくありません。

一番借りやすいキャッシングローンでしょう。二つ目は中小の消費者金融です。あまり名の知られていない金融業者が主ですが、審査は大手ほど厳しくないので借入件数が4件以上でも融資可能です。金利は大手より少し高めに設定されています。三つ目は街キンです。

これは新聞広告や電柱などに貼ってある地方の金融会社で、闇金融と間違ってしまうような規模の小ささです。これは中小より更に審査が甘く、借入件数が7件以上でも借りれることもあります。

この街キンの中には闇金融も紛れ込んでいますので、十分な注意が必要です。あまり担当者がガラの悪そうな人物なら敬遠されたほうが得策でしょう。

以上のように分類出来ますが、可能な限り大手の消費者金融を選ぶのが利口です。定職に就いており収入が350万円以上、勤続年数が3年以上、現在の借入状況が真っ新なら間違いなく審査に通ります。自信がない方は中小のキャッシングローンを選びましょう。

0

確実に消費者金融からお金を借りるためには、可能な限り審査基準のゆるいキャッシングローンを選ぶことが重要です。したがって、比較的審査が厳しい大手メガバンク系消費者金融は回避することが賢明です。

確実に審査が通る中小以下の消費者金融を選ぶことで、審査に通る確率が格段にアップします。

「株価は経済の写し鏡」といわれる。その言葉通り、2008年10月の株式市場は、まさに世界経済の凋落ぶりをまざまざと見せつける格好となりました。

各国の株式市場の代表的な株価指数の下落率を比べてみると、震源地である米国のNYダウ平均は、前月29日に777ドルという史上最大の下げ幅を記録したうえに、10月の1か月間で1525・65ドル安という月間記録も更新したのです。

下落率も14・1%と、ロシア通貨危機に見舞われた1998年10月以来、10年ぶりの水準まで落ち込みました。金融危機対応に追われた英国、ドイツ、フランス、カナダといった先進国も軒並み下落したが、それ以上に深刻だったのが新興国です。

「BRICs」のうちブラジル、インド、中国の3か国はいずれも20%以上の急落となり、「グルジア紛争」で揺れるロシアに至っては、前月より35・6%も下がってしまいました。

さらに、深刻な経済状況にあるアイスランドは1か月で株価は5分の1にまで落ち込み、ハンガリーは28%超、アルゼンチンも36%超の暴落となったのです。