所得の大きさ

審査

担保制度とは

担保制度とは、担保権者がその担保物に関し、他の債権者に優先して弁済を受けることが可能となる制度です。基本的に債務者が返済不能となった場合、債務者が多数存在していると「債権者平等の原則」によって、各々の保有債権に比例して、平等に清算財産の配分を受けることになります。

この場合債権発生の順序や強制執行手続きを誰が行ったかなどは無関係となります。これに対し、担保にして財産については、他の債権者とは無関係に、独自に担保財産から債権の回収をはかれるメリットがあります。

担保には以下の二種類があります。

  1. 物的担保
  2. 人的担保

人的担保は一般的に「保証人」と呼称されます。物的担保には、動産と不動産に分類されます。これらの財産を担保する方法には通常、質権の設定、譲渡担保、抵当権の設定、代物弁済の予約などがあります。

代物弁済の予約

契約で取り決められた支払いが履行不能になった場合、その代わりに他の物を給付するといった予約を意味します。消費者金融などの金銭債務の不履行の場合、債務者が不動産等の財産を代物弁済として債権者に給付することをあらかじめ約束っする場合が多いです。

改めて予約完結権の行使を必要とする本来の「代物弁済の予約」と、債務不履行によって当然に代物弁済の効果が発生する「停止条件代物弁済契約」があります。