闇金融

闇金の手口

闇金は国などに届け出を出さずに貸金業をしている業務を呼称します。年利が2000%と滅茶苦茶な暴利を貪ったり、大手のキャッシング会社を名乗って欺くことあります。

ヤミ金から一度借りて返済が滞ると、同じヤミ金から融資の電話がかかってきたり、近所の人たちに迷惑をかけて返済するよう脅しかけることもあります。支払いに困って夜逃げをしても、新しい住居に住民票を移すと、これをもとに居所を知られてしまうので、夜逃げ後は住民票を移すことはできなくなります。

必然的に、戸籍関係の届出もすることができなくなります。親が債権者から夜逃げしていた間に出産して出生届が出されていなかった子は、戸籍に載らない未就籍児、未就籍者となるのです。

夜逃げをした場合

このように、夜逃げをした場合には就職、教育、行政サービスを含め通常の生活を営むことは極めて困難となり、その一方で債権者側は債権の消滅時効である10年(民法167条1項)が経過する前に、民事訴訟等で時効を中断することができるので、時効で債務が消滅することを期待するのは難しでしょう。

このサイトで紹介しているキャッシングの会社はそういったヤミ金の会社ではなく、国が認めているキャッシングですので、安心して借り入れすることが出来ます。

ちなみにキャッシングとは、金銭(お金)を消費者金融などの会社から借りることを指しています。年齢は20歳からで主に職業がある人であれば借りることができます。ですが、中には学生にも対応しているキャッシングもあります。

0

利子を払う

もちろん、学生であっても20歳以上でなければキャッシングを利用することはできません。 また、法律の変更によりキャッシングで借りることが出来る金額が年収の1/3程度くらいまでになりました。

1/3を超える金額が必要な場合、銀行などで担保の必要なローンを利用する必要があります。さらに、消費者金融はお金を貸す際、利子・利息を請求する権利があります。 5万円を借りたからといって5万円だけ返せばいい、というわけではありません。

利息を足して毎月に一回返済しなければなりません。もし法律に則していない闇金融に手を出していましたら、すぐに警察や消費者生活センターにお問い合わせ下さい。